オフィスソフト

「Excel」でアクティブセルと交わる行と列を強調表示--条件付き書式で簡単に

複雑なシート内でアクティブセルがある行や列全体を強調表示できると、従属する値や関連する値を素早く見直すのに役に立つ。嬉しいことに、そのための条件付き書式のルールを追加する作業は思ったより簡単だ。

 複雑なシート内でアクティブセルがある行や列全体を強調表示できると、従属する値や関連する値を素早く見直すのに役に立つ。嬉しいことに、そのための条件付き書式のルールを追加する作業は思ったより簡単だ。必要なのは2つの式と簡単なVBAプロシージャだけ。想像のとおり、このテクニックを応用する方法はたくさんある。以前の記事、「How to use conditional formatting to highlight a specific cell in the same row as the active cell」で紹介した操作も、使う式こそ違うが、テクニックとしては同じだ。

 筆者は、「Windows 10」の64ビット版で「Excel 2016」を使用しているが、このテクニックは古いバージョンのExcelでも使える。コードを使って書式を設定するので、このテクニックはブラウザ版Excelでは使えない。必要な人は、デモ用の.xlsxファイルまたは.xlsファイルをダウンロードできる。

関数について

 条件付き書式のルールで使われる式はとてもシンプルだ。ROW()関数とCOLUMN()関数は、参照する列や行を数値で返してくれる。たとえば、ROW(B4)なら4が、COLUMN(B4)なら2を返す。参照先が明示されていない場合、ROW()もCOLUMN()も、関数のあるセルの列または行を参照する。B4にあるときには、ROW()とCOLUMN()は、それぞれ4と2を返してくる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2208文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]