オラクル「Blockchain Cloud Service」--エンタープライズ級のブロックチェーン機能を提供

Oracleは米国時間10月2日、「Oracle Blockchain Cloud Service」を発表した。顧客は、独自のブロックチェーンネットワークを構築でき、その基盤となるインフラを同社が管理する。

 Oracleは米国時間10月2日、「Oracle Blockchain Cloud Service」をサンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld」カンファレンスで発表した。顧客は、独自のブロックチェーンネットワークを構築でき、その基盤となるインフラを同社が管理する。

 Oracleのプレスリリースによると、同サービスは、企業による新たな収益源の創出に寄与し、各社のSoftware as a Service(SaaS)およびオンプレミスアプリの多くを、セキュアな形でブロックチェーンネットワークまで拡大するもので、リスクとコストを同時に削減できる可能性があるという。エンタープライズ級のブロックチェーンプラットフォームにより、回復機能、拡張性、セキュリティが向上すると、同リリースは述べている。

 同ブロックチェーンネットワークをOracleがバックグラウンドで管理することから、顧客は迅速なプロビジョニングが可能になり、簡素化されたオペレーションを実現できる。同時に、組み込みの監視、継続的バックアップ、Point-in-Timeリカバリなどの機能が利用できると、同リリースは述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1002文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan