IoT

インテル「Secure Device Onboard」--IoT配備をオンボーディングプロセス自動化で促進

インテルは「Secure Device Onboard(SDO)」サービスを発表した。オンボーディングプロセスの自動化により、IoT配備のスピードとスケーラビリティを向上するのが狙いだ。

 Intelは、バルセロナで現地時間10月3日に開催された「IoT Solutions World Congress」で、「Secure Device Onboard(SDO)」サービスを発表した。オンボーディングプロセスの自動化により、IoT配備のスピードとスケーラビリティを向上するのが狙いだ。

 従来のソリューションでは、IT担当者がデバイスのIDをメモし、ネットワーク認証情報を構成し、デバイスを登録する必要があるのに対し、IntelのSDOサービスではそれらの作業が不要だ。ユーザーがデバイスの電源を入れるだけで、同サービスがデバイスの接続、認証、登録を自動で実行すると、Intelのプレスリリースは述べている

 同リリースによると、Intel SDOはIntel製デバイスで動作するほか、他のマイクロコントローラーユニット(MCU)でも機能するという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約824文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan