ウェアラブル

「Apple Watch Series 3」入門--セルラー対応したアップルの新スマートウォッチ

Appleは9月に開催したイベントで、「Apple Watch Series 3」を発表した。同モデルは単体で通話やメールなどの受発信が可能なことから、BYODのポリシーなどの面でビジネスユーザーが影響を受ける可能性もある。本記事では同モデルの詳細について解説する。

 Appleの「iPhone」がスマートフォン業界に革命をもたらしたように、「Apple Watch」はオフィスワーカーからフィットネス愛好家、退職者まで、さまざまな人が身につける腕時計を変えようとしている。Apple Watchの狙いは、装着者が接続性や活動的な生活習慣、モチベーションを維持できるように支援することだ。Apple Watchは業界屈指の顧客満足度97%を誇る。

 「Apple Watch Series 2」の発売以降、Apple Watchは大きな成長を遂げている。Appleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は2017年9月に開催された同社のスペシャルイベントで、Apple Watchが直近の四半期に前年同期比で50%の成長を記録したことを報告した。Cook氏は、世界のスマートウォッチ市場でApple Watchのシェアが1位になったことも認めた。

 「Apple Watch Series 3」では、機能性を高める重要な新機能がいくつか追加された。最も大きな変更点はセルラー接続機能の追加で、これは革命的と言ってもいいほどである。Apple Watchユーザーは、これまでのようにiPhoneとペアリングされた状態を常に維持しなくても良くなった。具体的には、近くにiPhoneがなくても、インターネットに接続された状態を維持し、電話の受発信、音楽のストリーミング、テキストの送受信などができる。

 新しいWatch Series 3モデルには、高速化したデュアルコアプロセッサと気圧高度計が内蔵されている。Series 3では新しいスタイルと新たなバンドも提供されるので、所有者はさまざまなバンドのオプション(タイプとカラー)をApple Watchケースのいろいろなスタイルと組み合わせて、個性を出すことができる。

 今回のApple Watch Series 3入門記事では、このウェアラブル製品が自分に必要なのかどうかを読者の皆さんが判断できるように、詳細な情報を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5541文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan