CMS

シーサーCMS:自社向けにプラグインでカスタマイズできるCMS

CMS「シーサーCMS」は、企業ウェブサイト向けに「WordPress」を最適化。プラグインを別途組み込んでカスタマイズが可能なほか、構築に伴うディレクションもセットで提供される。

シーサーCMSのポイント

  • プラグインを別途組み込んで自社だけのCMSにカスタマイズ
  • 画像や文章を準備するだけで、HTMLやCSSといった知識は不要
  • 構築に伴うディレクションもセット

シーサーCMSの製品解説

 サイバーテック沖縄の「シーサーCMS」は、コンテンツ管理システム(CMS)である「WordPress」をベースに基本的なプラグインを組み込み、コーポレートサイトに最適な形でパッケージングした。

編集部おすすめの関連記事

 CMSとして人気が高く、カスタマイズの情報も豊富に出回っているWordPressをベースとしているため、シーサーCMSの基本パッケージ以外にも大量に存在するプラグインを別途組み込み、自社だけのCMSにカスタマイズできる。

 サイトに使用する画像やコンテンツテキストを準備するだけで、HTMLコーディングやCSSといった専門知識は不要。構築に伴うディレクションもセットになっており、流れに沿って自然に企業サイトを構築できる。また、WordPressがフリーであることから、ソフトウェア使用にかかるライセンス費用は不要。

シーサーCMSのまとめ
用途と機能企業ウェブサイト向けにWordPressを最適化したCMS
特徴豊富なプラグインによる高い拡張性に加えて、専門知識が不要の簡単設計、ライセンス費用が要らない低コストなどが特徴
税別価格初期構築費用:5万円(ディレクション費用と「シーサーコーディング」費用が別途必要)、年間10万円の「あんしんサポートパック」が初年度から必須(簡易レンタルサーバの年額利用料込み、ドメインの維持管理費用は別途必要)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]