CMS

シーサーCMS:自社向けにプラグインでカスタマイズできるCMS

CMS「シーサーCMS」は、企業ウェブサイト向けに「WordPress」を最適化。プラグインを別途組み込んでカスタマイズが可能なほか、構築に伴うディレクションもセットで提供される。

シーサーCMSのポイント

  • プラグインを別途組み込んで自社だけのCMSにカスタマイズ
  • 画像や文章を準備するだけで、HTMLやCSSといった知識は不要
  • 構築に伴うディレクションもセット

シーサーCMSの製品解説

 サイバーテック沖縄の「シーサーCMS」は、コンテンツ管理システム(CMS)である「WordPress」をベースに基本的なプラグインを組み込み、コーポレートサイトに最適な形でパッケージングした。

編集部おすすめの関連記事

 CMSとして人気が高く、カスタマイズの情報も豊富に出回っているWordPressをベースとしているため、シーサーCMSの基本パッケージ以外にも大量に存在するプラグインを別途組み込み、自社だけのCMSにカスタマイズできる。

 サイトに使用する画像やコンテンツテキストを準備するだけで、HTMLコーディングやCSSといった専門知識は不要。構築に伴うディレクションもセットになっており、流れに沿って自然に企業サイトを構築できる。また、WordPressがフリーであることから、ソフトウェア使用にかかるライセンス費用は不要。

シーサーCMSのまとめ
用途と機能企業ウェブサイト向けにWordPressを最適化したCMS
特徴豊富なプラグインによる高い拡張性に加えて、専門知識が不要の簡単設計、ライセンス費用が要らない低コストなどが特徴
税別価格初期構築費用:5万円(ディレクション費用と「シーサーコーディング」費用が別途必要)、年間10万円の「あんしんサポートパック」が初年度から必須(簡易レンタルサーバの年額利用料込み、ドメインの維持管理費用は別途必要)

「CMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]