IaaS

CloudGarage:複数インスタンスを固定料金で利用できる定額型IaaS

IaaS「CloudGarage」は、複数のインスタンスを固定料金で利用できる。追加料金を気にせずインスタンスを何度でも構築、削除、コピーでき、より柔軟に開発環境や本番環境として利用できる。

CloudGarageのポイント

  • 複数のインスタンスをまとめて“BOX”として購入
  • KVMとOpenStackがベース。グローバルIPは1インスタンスあたり1つ無料
  • すべてSSDでロードバランサやDNSなども無料で提供

CloudGarageの製品解説

 NHNテコラスの「CloudGarage」は、複数のインスタンスを使いローカルネットワークが構築できるIaaS。一定数までのインスタンス利用権をまとめて購入する。追加料金を気にせずインスタンスを何度でも構築、削除、コピーできるため、より柔軟に開発環境や本番環境として利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 複数のインスタンスをまとめて“BOX”として購入。インスタンス数が3個のBOX3、5個のBOX5、7個のBOX7、10個のBOX10が用意されている。BOXごとでCPUコアやメモリ、ストレージの複数が用意されている。

CloudGarageのプラン詳細(税別価格)
タイプ
(メモリ/CPU/SSD)
3インスタンス5インスタンス7インスタンス10インスタンス
1GB/1コア/50GBBOX3/1GB
1480円
BOX5/1GB
2380円
2GB/2コア/100GBBOX3/2GB
2980円
BOX5/2GB
4650円
4GB/3コア/150GBBOX3/4GB
8980円
BOX5/4GB
1万4500円
BOX7/4GB
1万9320円
BOX10/4GB
2万6000円
8GB/4コア/200GBBOX3/8GB
1万4640円
BOX5/8GB
2万3650円
BOX7/8GB
3万1850円
BOX10/8GB
4万3500円

 インスタンスはすべてSSDを採用しているほか、ロードバランサやDNSなども無料で提供する。また、管理画面もわかりやすさや使いやすさを重視し、直感的に使えるシンプルな構造になっている。

 インフラとしてKVMとOpenStackを使用している。グローバルIPは1インスタンスあたり1つ無料で、イメージバックアップについてはISOイメージとあわせて最大10個無料。

 提供OSは、CentOS 6(32/64ビット)/ 7(64ビット)、Ubuntu 16.04(32/64ビット)/14.04(32/64ビット)、Debian 7(64ビット)/8(64ビット)、Fedora 24(64ビット)/25(64ビット)、openSUSE 42.1(64ビット)/42.2(64ビット)、RancherOS(64ビット)ISOとなっている。

 CloudGarageのコンセプトである「エンジニアの好奇心やアイディアをカタチにする」ため、開発エンジニアを支援する制度「Dev Assist Program」を新設。ウェブサービス開発者や開発コミュニティー、スタートアップ企業などを対象にCloudGarageの無償で利用できる。

CloudGarageのまとめ
用途と機能複数インスタンスを固定料金で利用できるIaaS
特徴インスタンスを何度でも構築、削除、コピーでき、より柔軟に開発環境や本番環境として利用可能
税別価格インスタンス数:3、メモリ1GB/CPU1コア/SSD50GBの「BOX3/1GBプラン」が1480円~

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan