セキュリティ OS Windows

企業に対するサイバー攻撃を防ぐ--「Windows 10」のセキュリティ機能7選

サイバーセキュリティの脅威が拡大している今、「Windows 10」ユーザーは企業データの保護に役立つ同プラットフォームのいくつかの機能について知っておくべきだ。ここでは、Windowsのセキュリティ機能7つを解説する。

 サイバーセキュリティの脅威が拡大している今、「Windows 10」ユーザーは企業データの保護に役立つ同プラットフォームのいくつかの機能について知っておくべきだ。sepagoのシニアコンサルタントでCompetence Center Microsoft部門統括者のAlexander Benoit氏は米国時間9月27日、オーランドで開催された「Microsoft Ignite」でのセッションで、そう話した。

 企業はフィッシング攻撃やランサムウェア、スパイウェア、キーロガー、ワーム、アカウントへの不正アクセスに日々直面している。「私たちが今日直面する脅威の状況は非常に多様化しているので、1つのツールや機能を有効にするだけでセキュリティを確保するのは不可能だ」(Benoit氏)

 包括的なセキュリティ計画に着手する前に、組織は犯罪者にとって最も価値のあるデータがどこにあるのかを特定し、そこに焦点を当てた計画を立てる必要がある、とBenoit氏は述べた。

 本記事では、企業がサイバー攻撃から身を守れるように支援する7つの「Windows」セキュリティ機能を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2404文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]