クラウド クラウドサービス AI・機械学習

MS「Azure」の新サービス--クラウドへの障壁をなくすための4分野

マイクロソフトは、「Azure」の新たなクラウドサービスを「Microsoft Ignite 2017」にて発表した。これにより、IT部門や開発者の生産性が向上し、一貫性が保たれ、セキュリティが向上し、AIの活用が可能になるという。

 クラウド技術の到来によって、大企業から中小企業、政府関連組織に至るまで、デジタルトランスフォーメーションが可能になった。こう語るのは、Microsoftでクラウド&エンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデントを務めるScott Guthrie氏だ。同社が米国時間9月25日にフロリダ州オーランドで開催したカンファレンス「Microsoft Ignite 2017」でのことだ。

 「多くの組織がクラウドファースト技術の戦略へとシフトしているが、この戦略を実現するにはまだ早い組織が多いのも事実だ。それは、既存システムの複雑さや未熟なクラウド機能、新たなプライバシー規制など、さまざまなことが原因となっている」とGuthrie氏はプレスリリースにて述べている。

 Microsoft IgniteにてGuthrie氏は、企業がクラウドの障壁を越えられるよう、Microsoftが「Azure」を進化させている4つの分野について説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3054文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan