AI・機械学習 NTTコミュニケーションズ コンカー

コンカー、問い合わせ業務にチャットボット活用--年間10人分の仕事を代行

コンカーは社内外の問い合わせに対してチャットボットを活用する。12月からマーケティングとインサイドセールスの業務で利用を開始する。年間10人分の仕事を代行できると試算している。

 コンカーは社内情報共有基盤にチャットボットサービスを導入する。NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が開発、提供する意味検索エンジン「Semantic Search Engine “COTOHA Chat & FAQ”」を活用する。10月2日に発表された。

 コンカーは2011年に設立。事業規模は4年で80倍に拡大。9月末時点の従業員数は約130人。顧客へのサービスレベルを引き上げて、事業を拡大し続けるために従業員の生産性を引き上げる施策が求められていた。

 新たに作る社内情報共有基盤では情報共有タスクフォースを設立する。各部門の代表者がメンバーとして参加し、15人体制で社内外の情報を集約、回答を整理する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約538文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan