AI・機械学習 NTTコミュニケーションズ コンカー

コンカー、問い合わせ業務にチャットボット活用--年間10人分の仕事を代行

コンカーは社内外の問い合わせに対してチャットボットを活用する。12月からマーケティングとインサイドセールスの業務で利用を開始する。年間10人分の仕事を代行できると試算している。

 コンカーは社内情報共有基盤にチャットボットサービスを導入する。NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が開発、提供する意味検索エンジン「Semantic Search Engine “COTOHA Chat & FAQ”」を活用する。10月2日に発表された。

 コンカーは2011年に設立。事業規模は4年で80倍に拡大。9月末時点の従業員数は約130人。顧客へのサービスレベルを引き上げて、事業を拡大し続けるために従業員の生産性を引き上げる施策が求められていた。

 新たに作る社内情報共有基盤では情報共有タスクフォースを設立する。各部門の代表者がメンバーとして参加し、15人体制で社内外の情報を集約、回答を整理する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約538文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan