OS OS・ミドルウェア

「macOS High Sierra」入門--アップルの最新デスクトップOSの機能と改善

「macOS High Sierra」は、アップルの最新デスクトップOSだ。プライバシー機能の強化、VR/AR対応、新しいファイルシステムなど、多数のアップデートが提供される。

 Appleの「macOS 10.13 High Sierra」では、ウェブ閲覧のプライバシーを強化する細かなアップデートが追加され、新しい標準のファイルシステムがロールアウトされたほか、仮想現実(VR)コンテンツと拡張現実(AR)コンテンツの作成が可能になるアップデートも施された。どれもシンプルなアップデートに思えるかもしれないが、Appleの未来のコンピューティングに対する取り組みにおいて、土台作りに寄与するだろう。

 テクノロジリーダーやITプロフェッショナルがmacOS High Sierraについての理解を深められるよう、特に重要な詳細情報とリソースをこの入門記事にまとめた。

概要

  • どんなものなのか:AppleのデスクトップOSシリーズであるmacOSのバージョン10.13だ。「Safari」「Mail」「Photos」や、ファイルシステムなどへのアップデートが含まれる。
  • なぜ重要なのか:macOSの1バージョンとして、Appleのノートブックコンピュータとデスクトップコンピュータのユーザー体験を、機能セットとUIという点で決定づけることになるからだ。
  • 誰が影響を受けるのか:macOS High Sierraに互換性のあるシステムを使っていてアップグレードを計画しているユーザーや管理者、あるいは将来的にApple製コンピュータの購入を計画している非Macユーザー。
  • いつから利用できるのか:米国時間2017年9月25日に一般提供が開始された。
  • どうすれば利用できるのか:「Mac App Store」からダウンロードすることができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2762文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan