NAS ティントリジャパン合同会社

Tintriの仮想化専用フラッシュストレージから見えるインフラの多様性

ティントリは、仮想化環境専用ファイルストレージのオールフラッシュの新製品を発表した。この新製品とその背景から企業ITのインフラを巡る動きが見えてくる。

 ティントリジャパンは、仮想化環境専用ファイルストレージのオールフラッシュの新製品「Tintri EC6000」シリーズを発表した。ネットワールドやネットワンパートナーズ、富士通エフサス、ユニアデックス、丸紅情報システムズ、兼松エレクトロニクスなどのパートナー企業が9月20日から販売を開始した。既存の「Tintri VMstore T5000」の販売は当面続けられる。

 EC6000はVMstore T5000と同じ2Uラック。VMstore T5000と比較して最大4倍の容量を保持できる。「EC6030」(税別参考価格1348万5000円~)「EC6050」(同2880万円~)「EC6070」(同3510万円~)「EC6090」(同5475万円~)の4モデルが用意されているが、全てのモデルで40ギガビットイーサネット(GbE)のネットワークインターフェースコントローラ(NIC)を採用している。

 4モデルの主な違いはサポートする仮想マシン(VM)の数と秒間の入出力性能(IOPS)。サポートVM数で見るとEC6030が500、EC6050が2500、EC6070が5000、EC6090が7500となっている。EC6050とEC6070の容量は同じだが、サポートVM数とIOPSが異なる。モデルそれぞれに4種類の容量帯があり、EC6000シリーズ全体の製品は16になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4075文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]