クラウド クラウドサービス IoT

グーグル「Cloud IoT Core」--パブリックベータ版となったGCPのIoT向けサービス

グーグルは米国時間9月27日、「Google Cloud Platform(GCP)」で提供するIoT向けサービス「Google Cloud IoT Core」をパブリックベータ版として正式にリリースした。

 Googleの「Google Cloud IoT Core」サービスが米国時間9月27日、パブリックベータ版として正式にリリースされた。Google Cloud IoT Coreは2017年のGoogle I/Oで発表されたサービスで、モノのインターネット(IoT)ソリューションの構築に役立ついくつかの新機能とパートナーが加わった。

 Google Cloud IoT Coreは、「Google Cloud Platform(GCP)」上で提供されるフルマネージドサービスで、企業による大規模なコネクテッドIoTソリューションの保護や管理に役立つ。Googleのプレスリリースによると、Google Cloud IoT Coreを使用することで、「グローバルに分散した多数のIoTデバイスを管理」することができるほか、同サービスをGoogle Cloud IoTソリューションと併用することでデータ分析情報が利用できるという。「Google Cloud Pub/Sub」や「Google Cloud Dataflow」「Google Cloud Bigtable」「Google BigQuery」「Google Cloud Machine Learning Engine」など、他のGoogle分析サービスとの連携も可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約859文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]