IoT マーケティング GMOクラウド

「スマート電子タグ」活用の電子POP、書店で実証実験--センサで動きを分析

東京駅の八重洲ブックセンター本店で“次世代電子POP”の実証実験が始まった。時間帯によって「どの売り場に人が多いのか」「どの商品が手に取られているのか」といった観点で分析して、マーケティングに活用する。

 東京駅の八重洲ブックセンター本店で“次世代電子POP”を活用した実証実験が9月28日から始まった。出版取次大手のトーハンが主導する。

 小売店舗では現在、データを記録できるICチップと通信機能を搭載する“電子タグ”とモニターを活用した値札や電子化したPOPが活用されつつある。だが、既存の電子POPに使用されている電子タグは、専用端末でしか情報を更新できないとされている。電子POPを見た消費者の情報や動向などのデータを収集したい場合は別途センサを設置、組み込む必要があり、導入が容易とは言えない。

 GMOクラウドの部門である「IoTの窓口 byGMO」は自社で開発した「スマート電子タグ」でこうした課題を解消できると意気込んでいる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan