マーケティングオートメーション

富士フイルム、MAツールでメール開封率が300%増--リピート購入率は180%増

富士フイルムは、マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入。消費者とのコミュニケーションを深めることでサービスの顧客満足度を高め、エンゲージメントとブランディングを強化する。

 富士フイルムは、グローバルでのデジタルマーケティングを進めるため、マーケティングオートメーション(MA)ツール「Marketo」を導入した。消費者とのコミュニケーションを深めることでサービスの顧客満足度を高め、エンゲージメントとブランディングを強化する。マルケトが9月27日に発表した。

 消費者のライフスタイルが変化し、写真への価値観が多様化する中、同社への期待やニーズは複雑化している。富士フイルムは、顧客一人ひとりのライフステージも考慮した写真と付随した付加価値サービスを提供するため、メールやウェブのパーソナライズをはじめ、複雑化する顧客行動をフォローできる環境整備を整え、消費者との関係強化を進めている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]