マーケティングオートメーション

富士フイルム、MAツールでメール開封率が300%増--リピート購入率は180%増

富士フイルムは、マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入。消費者とのコミュニケーションを深めることでサービスの顧客満足度を高め、エンゲージメントとブランディングを強化する。

 富士フイルムは、グローバルでのデジタルマーケティングを進めるため、マーケティングオートメーション(MA)ツール「Marketo」を導入した。消費者とのコミュニケーションを深めることでサービスの顧客満足度を高め、エンゲージメントとブランディングを強化する。マルケトが9月27日に発表した。

 消費者のライフスタイルが変化し、写真への価値観が多様化する中、同社への期待やニーズは複雑化している。富士フイルムは、顧客一人ひとりのライフステージも考慮した写真と付随した付加価値サービスを提供するため、メールやウェブのパーソナライズをはじめ、複雑化する顧客行動をフォローできる環境整備を整え、消費者との関係強化を進めている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan