運用管理

テレワークの使いやすさ向上へ--米ワークスペース分析企業が日本法人

米Lakeside Softwareは日本法人を設立した。ビジネス全体の生産性向上のためにIT環境を監視、分析、最適化する“ワークスペースアナリティクス”を提供する。テレワーク時のクライアント端末の性能を監視できる。

 米Lakeside Softwareは9月27日、日本法人となるレイクサイドソフトウェアを設立したことを発表した。MobileIron Japanで元代表取締役社長である野原康裕氏がカントリーマネージャーを務める。

 Lakeside Softwareは、ビジネス全体の生産性向上のためにIT環境を監視、分析、最適化する“ワークスペースアナリティクスソリューション”を提供する企業。主力製品の「SysTrack」は、従業員のIT利用状況、業務プロセスやアプリケーションの利用状況、IT資産の利用状況を連動させ、情報を一元化することでワークスペース分析を可能にする。世界で4000社を超える企業や組織で活用されているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約695文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan