CRM

CRMは中小企業に必要か--導入の検討で考慮すべきこと

顧客関係管理(CRM)ソフトウェアは、企業の売り上げやサービス向上を支援する有益なツールとなり得るが、企業の規模や現状と将来の状況によって、その必要性、選択肢は変わってくる。本記事では、特に中小企業がCRMの導入を検討する際に考慮すべきことを解説する。

 自分で中小企業を立ち上げるという熱狂と興奮の真っ只中にいれば、テクノロジシステムを評価して調達しなければならないことは、おそらく、やるべきことのリストの中で最も退屈な項目だろう。

 しかし、成長中の中小企業にとって適切なテクノロジ群を選ぶことは、極めて重要なプロセスである。特定のシステムが、今も将来も事業に適合するのかを想像することがどれだけ難しいとしてもだ。


提供:olm26250/iStock

 中小企業にとって、顧客関係管理(CRM)ソフトウェアは、そうした、頭を悩ませるかもしれない問題の1つである。CRMは厳密に言えば不可欠なものではない。しかし、CRMの狙いは、顧客とより良い関係を構築して維持できるようにし、顧客の満足度とロイヤリティを高められるように支援することだ。

 簡単に言えば、CRMソフトウェアは、カスタマーインタラクションのデータベースである。企業はこのデータベースを使って、販売チームやサービス担当者が売り上げを増やせるように、そしてカスタマーサービスを向上できるように支援する。企業のニーズに応じて、CRMは単純にクラウドへの顧客データの転送を容易にするよう支援するだけのこともあれば、より高度な機能を備えていることもある。例えば、チームによる同僚との共同作業や顧客とのコミュニケーション、パーソナライズされた電子メールの送信、ソーシャルメディア上のインタラクションからの洞察の収集などを支援する機能が含まれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4031文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]