勤怠管理・労務管理 クロスキャット

CC-BizMate:勤怠データをリアルタイムに把握する勤怠管理サービス

勤怠管理システムの「CC-BizMate」は、勤怠データをリアルタイムに把握する。タイムカードよりも勤怠管理業務を効率化できる。災害発生時の安否確認やその他の緊急連絡を行うための機能を搭載する。

CC-BizMateのポイント

  • 実績データをリアルタイム集計して、従業員の勤務状況を素速く把握/li>
  • タイムカードよりも効率化、給与計算ソフトとも連携
  • 災害発生時の安否確認やその他の緊急連絡を行うための機能を搭載

CC-BizMateの製品解説

 クロスキャットの「CC-BizMate」は、労務リスクを軽減して働き方改革の推進、勤怠管理の効率化などを支援するクラウド型の勤怠管理システムだ。実績データをリアルタイムに集計するため、従業員の勤務状況に素早く対応することが可能。従業員の勤怠管理の問題点をあぶり出し、働き方改革を推進することもできる。

編集部おすすめの関連記事

 タイムカードを利用した場合に発生する「出退勤時間の管理」「各拠点のタイムカード回収」「手作業での集計業務」といった手間の掛かる業務を効率化し、時間短縮とコスト削減を両立する。また、給与奉行、給与大将、PCA給与Xをはじめとする給与計算システムとの連携も可能なので、人事労務担当者の負担軽減にも役立つ。

 災害発生時の安否確認やその他の緊急連絡を行うための機能を実装している。個人の携帯電話やスマートフォンに緊急連絡や安否確認のメールを一斉配信し、従業員はメール確認後に回答できるようになっている。

 クラウドシステムを活用することでシステム運用のコストを低く抑えることができ、法改正やニーズに合わせた機能追加や機能改善も定期的に行なわれる。

CC-BizMateのまとめ
用途と機能働き方改革の推進、勤怠管理の効率化などを支援するクラウド型勤怠管理システム
特徴出退勤時間の管理やタイムカードの回収、手作業での集計業務といった業務を効率化し、時間短縮とコスト削減を両立する。給与システムとの連携や従業員への緊急連絡と安否確認も可能
税別料金初期導入費用が15万円から、基本利用料が50人まで月額2万円。追加料金は50人ごとに月額5000円
導入企業アクティブ、菓匠三全、クロスキャット、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan