その他セキュリティ

CSIRT MT:インシデントと脆弱性の情報を一元管理--チケットの進捗を管理

「CSIRT MT」は、セキュリティ対策チーム(CSIRT)に必要なインシデントと脆弱性の情報を一元管理し、インシデントチケットの進捗を管理、承認依頼や関係者への通知などを一元化する。

CSIRT MTのポイント

  • インシデントチケットの進捗を管理、承認依頼や関係者への通知などを一元化
  • 脆弱性情報を登録し、パッチ適用などの対応状況を管理
  • チケット発行時には登録済み情報資産とマッチする場合に自動でひも付け

CSIRT MTの製品解説

 NANAROQの「CSIRT MT」は、セキュリティ対策チーム(Computer Security Incident Response Team:CSIRT)に必要なインシデントと脆弱性の情報を一元管理し、運用の高度化と工数削減を支援するクラウドサービスだ。

編集部おすすめの関連記事

 インシデントチケットの進捗管理をメインに、関連情報資産や承認者への承認依頼、関係者への通知などの機能を一元化。メールをトリガーにした、自動チケット発行機能も装備。検知からの案件化も素早く行え、メールのやり取りも全て履歴として取り込まれ、情報を効率良く管理できる。

 脆弱性情報の登録、パッチ適用などの対策状況を管理し、チケット発行時には登録済み情報資産とマッチする場合に自動でひも付けする仕組みとなっている。ダッシュボードやレポート機能なども提供されるので状況報告や改善策立案などにも役立てられる。

 脆弱性情報の日次配信サービス「脆弱性TODAY」と連携することで、自社資産に関連する脆弱性情報がリアルタイムで更新可能となる。

 PaaS「Salesforce Platform(旧:App Cloud)」をサービス基盤としているため、ブラウザから利用が可能となっている。

CSIRT MTのまとめ
用途と機能インシデントと脆弱性の情報を一元管理し、CSIRT運用の高度化と工数削減を支援
特徴インシデントチケットの進捗管理をメインに、関連情報資産や承認者への承認依頼、関係者への通知等の機能を一元化。脆弱性情報の登録、パッチ適用などの対策状況を管理し、チケット発行時には登録済み情報資産とマッチする場合に自動でひも付けする。ダッシュボードやレポート機能なども提供
税別料金20人まで:1人当たり月額9000円、21人以上は個別対応

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan