モバイル スマートフォン

「Galaxy Note 8」レビュー--サムスン6.3インチ端末の長所と短所

サムスンの「Galaxy Note 8」は、6.3インチの画面を装備した新型スマートフォンだ。ここでは、Galaxy Note 8がどのような端末かを解説する。

 「Galaxy Note 8」はサムスンが優位に立つための一手である。これは同社にとって非常に重要な勝負だ。サムスンはNote 8によって自社の競争力を高め、GoogleやApple、Amazon、Microsoftに遅れずについて行くことを必要としている。そして、Note 8は概ねそれを可能にする実力を備えている。

 確かに、同社は2016年の「Galaxy Note 7」のバッテリ問題を過去に葬り去る必要がある。しかし、サムスンにとって、Note 8はビジネステクノロジとITのコンシューマライゼーションを象徴するものだ。さらに、Note 8はさまざまなモバイルデバイスやIoT、人工知能を含むサムスンのクラウドエコシステムの支柱でもある。

スペック

 Note 8のスペックは間違いなくトップエンドである。6.3インチのAMOLED静電容量式タッチスクリーン「Infinity Display」を駆動するのは、「Exynos」オクタコアプロセッサに搭載された「Adreno」GPUだ。RAMの容量は6Gバイトで、Appleの「iPhone 6 Plus」の2倍である。Note 8はワイヤレス充電機能も提供する。米TechRepublicが実施したさまざまなテストで、3300mAhのバッテリは過熱することなく良好な性能を発揮した。サムスンによると、同社はNote 8のバッテリに対して、8項目からなるバッテリ安全性チェックを実施したほか、独立試験認証機関である Underwriters Laboratories(UL)にも評価を依頼したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2635文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  3. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]