ウェアラブル

世界ウェアラブルデバイス市場、2021年の出荷は2億2950万台--毎年2桁成長

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年の出荷台数は1億2170万台で、前年の1億440万台に比べ16.6%増えると見込む。

 IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年の出荷台数は1億2170万台で、前年の1億440万台に比べ16.6%増えると見込む。また、2021年は2億2950万台で、2017年から2021年の年平均成長率(CAGR)を17.2%と予想した。

出荷台数と平均販売価格の推移(出典:IDC)
出荷台数と平均販売価格の推移(出典:IDC)

 2021年まで毎年2桁ペースで出荷台数が増え続けることから、IDCはウェアラブルデバイスが飽きられる兆候はない、としている。特に、ウオッチ型と各種リストバンド型デバイスが同市場をけん引し続けるとみる。

 IDCウェアラブルチーム調査マネージャーのRamon T. Llamas氏は「ウェアラブル市場において、最大級の革新と発展は手首で起きる」と述べた。「手首は、ユーザーが情報を集め、表示し、データおよびアプリを操作するのに理想的な場所であり、通知に反応したり、ほかの人やデバイスとやり取りしたりするのに適している」(同氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約835文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan