文書管理 エヌジェーケー

THE 名刺管理:100件まで無料で利用できるクラウド型名刺管理サービス

名刺管理サービスの「THE 名刺管理」は、スキャナから取り込んでOCR処理されたデータを登録する。専用アプリで閲覧、端末にはデータを残さない仕組み。登録データ100件までは無料で利用できる。

THE 名刺管理のポイント

  • スキャナから取り込んでOCR処理されたデータを登録
  • 氏名と社名が重複した名刺を名寄せ検索
  • 専用アプリで閲覧、端末にはデータを残さない仕様

THE 名刺管理の製品解説

 エヌジェーケーの「THE 名刺管理」は、登録データ100件まで無料で利用できるクラウド型の名刺管理サービスだ。名刺データの登録や管理用にWindowsやiOS、Android向けのソフトウェアを無料で利用でき、さまざまなプラットフォームで名刺を管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 名刺の登録作業は自動化されている。Windows版ではスキャナからの取り込み、撮影済みの画像からの読み込みによって、光学文字読み取り(OCR)処理された名刺データを登録することができる。名刺がない場合には、情報を入力することで名刺画像を自動的に作成することも可能だ。iOS版では、カメラを名刺にかざすだけで自動撮影する機能も備える。

 登録した名刺データは、PCやAndroid、iOSで一覧表示でき、社名や氏名、関連する日付順でソートすることができる。氏名と社名が重複した名刺を検索する名寄せ検索も可能だ。詳細表示では電話やメールアドレス、住所などの表示も可能で、メールアドレスを送信先に設定してメールソフトを自動起動したり、住所の地図をGoogleマップで表示したり、URLをブラウザで開いたりといった連携機能も利用できる。

 閲覧は専用アプリで行い、端末にはデータを残さない仕様になっているほか、固体認証により事前に登録した端末のみを受け付け、紛失時には対象外にするなどの設定が可能だ。またユーザーごとに権限の設定が可能で、不要な情報開示を防止できるなど、安全な運用が可能になっている。

THE 名刺管理のまとめ
用途と機能登録データ100件まで無料で利用できる名刺管理サービス
特徴WindowsやiOS、Android用のソフトウェアを利用でき、さまざまなプラットフォームで名刺を管理可能。名刺の登録作業は自動化されており、メールソフトやGoogleマップとの連携も可能
税別価格基本利用料:登録データ100件まで無料、登録データ1000枚で年間利用料は2400円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan