開発 開発ツール

「Python」急成長の背景にデータサイエンスあり--「R」とは補完し合う関係に

「Python」が爆発的な成長を見せている背景はデータサイエンスにある。Stack Overflowの分析によって明らかになった。

 最も急成長しているプログラミング言語という位置づけの「Python」だが、データサイエンスに使われることが増えているため、その地位はより強固なものとなっている。

 この関係性は、世界最大のオンライン開発者コミュニティーが集まるQ&AサイトStack Overflowによる最新の分析で明らかになった。

 Pythonは汎用性の高い言語だが、Stack Overflowによると、あるユースケースが特に目立っているとのことだ。Pythonのタグがついた質問を読んだユーザーは、ウェブ開発やシステム管理に関する質問よりもデータサイエンスに関する質問を閲覧する率が非常に高いという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1745文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan