BI NTTテクノクロス

BizSpread:初心者でも手軽に利用できる分析ツール--「Yellowfin」がベース

 NTTテクノクロスの「BizSpread」は、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Yellowfin」をベースにしたサービス。データをさまざまな視点から分析し、グラフなどを用いたレポートを作成することが可能だ。

BizSpreadのポイント

  • 取り込んだデータをもとに集計表やグラフを作成、自動でグラフを提案
  • ダッシュボードで異なるデータの関係性を把握
  • フィルタを設定して、部署ごとや地域ごとなど切り口を変えて分析

BizSpreadの製品解説

 NTTテクノクロスの「BizSpread」は、データの集計や分析に掛かる業務負担を軽減するサービスだ。膨大な量のデータをさまざまな視点から分析し、グラフなどを用いたレポートを作成することが可能だ。ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Yellowfin」を利用している。

編集部おすすめの関連記事

 CSV、TXT(TSV)形式のデータを取り込んで、データを集計分析できる。100万行程度までのデータを読み込み可能で、これをもとに集計表やグラフを作成可能。取り込んだデータはデータべースに保存され、データをドラッグ&ドロップするだけで集計作業を実行できる。グラフ作成時には、選択したデータから自動でグラフを提案するなど、データの組み合わせによって何が分かるを確認することも可能だ。

 レポートをまとめて表示するダッシュボード機能では、異なるデータの関係性が確認できるため、売上データや在庫データなど、個々のデータをさまざまな視点で見ることができる。レポートにはフィルタを設定することができ、部署や地域ごとなど、切り口を変えて確認することも可能だ。フィルタの設定によってグラフ表示も変化するため、視認性を高められる。

 このほか、画面上の表示とメール送信を行えるアラート機能や、地図上にデータをプロットできる地図連携機能、Google Analytics、Twitter、Facebook、Googleスプレッドシートなど、多様なウェブサービスとの連携機能なども備えている。

 手順にしたがって簡単にレポート作成を行えるオンラインマニュアルが提供されるほか、手本となるサンプルやFAQも用意されており、初心者でも手軽に集計分析業務を行える。また実際の環境で使用することができるトレーニングオプションも用意されている。

BizSpreadのまとめ
用途と機能データの集計や分析に掛かる業務負担を軽減するサービス
特徴膨大な量のデータに対応。BIツールのYellowfinを利用し、ドラッグ&ドロップで集計が可能。簡単にレポートを作成できるマニュアルやFAQ、サンプルなどが用意され、初心者でも手軽に集計業務を行える
税別価格3ユーザー:月額6万円、年額60万円、5ユーザー:月額7万8000円、年額78万円、トレーニングオプション:20万円

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]