スマートフォン モバイル

「iPhone X」入門--ビジネスユーザーが押さえておくべき従来機との違い

「iPhone」誕生10周年記念モデルである「iPhone X」は、デザインが大幅に刷新され、操作方法も大きく変る。ビジネス利用にあたり把握しておくべき変更点や新機能を紹介する。

 Appleの「iPhone」はモバイルコンピューティングを変革しただけでなく、人とテクノロジの関係全般にも大きな変化をもたらした。厚板状の金属製ハンドヘルドデバイスとソフトウェアは、良くも悪くも私たちのアイデンティティと日々の生活に不可欠なものとなったが、その動きの中心にあったのもiPhoneだ。

 Appleは米国時間9月12日、新キャンパス「Apple Park」内の「Steve Jobs Theater」でイベントを開催し、初代iPhoneの発売10周年を記念するスペシャルエディションを発表した。

 「iPhone X」(Xの発音は「テン」)と呼ばれるこの超ハイエンドモデルは、iPhoneシリーズに新たに加わった製品だ。同シリーズには、段階的な進化を遂げたモデル「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」も含まれる。

 では、iPhone Xがプロフェッショナルユーザーや企業にとって、どのような意味を持つのかを詳しく見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3141文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan