オープンソース

IBMの「Open Liberty」プロジェクト--「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化

IBMは米国時間9月20日、「Open Liberty」プロジェクトを発表した。Javaマイクロサービスやクラウドネイティブアプリの構築を支援するため、「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化し、GitHub上で公開する。

 IBMは米国時間9月20日、「Open Liberty」プロジェクトを発表した。Javaマイクロサービスやクラウドネイティブアプリの構築を支援するため、「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化し、GitHub上で公開する。

 IBMのWebSphere FoundationチーフアーキテクトであるIan Robinson氏が記したIBMの developerWorksブログの投稿によると、WebSphere Libertyは、IBMが5年前に開発したもので、開発者がアジャイルなDevOps原則を用いて、アプリケーションをより迅速かつ容易に開発できるようにするという。

 Robinson氏によると、開発ライフサイクルは加速化が進み、開発者はアイデアをごく短期間で実現化してリリース可能でスケーラブルなアプリにすることが求められているという。Open Libertyは、こうした作業に役立つ可能性があり、ランタイムを作成することで、定期的な更新が可能で、かつ異なるクラウド環境間で容易に移行できるJavaマイクロサービスをサポートする。さらに、商用版のWebSphereプロダクトライセンスが適用されると、Open LibertyはIBMの完全なサポートを受けるようになると、同氏は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1082文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan