オープンソース

IBMの「Open Liberty」プロジェクト--「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化

IBMは米国時間9月20日、「Open Liberty」プロジェクトを発表した。Javaマイクロサービスやクラウドネイティブアプリの構築を支援するため、「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化し、GitHub上で公開する。

 IBMは米国時間9月20日、「Open Liberty」プロジェクトを発表した。Javaマイクロサービスやクラウドネイティブアプリの構築を支援するため、「WebSphere Liberty」コードをオープンソース化し、GitHub上で公開する。

 IBMのWebSphere FoundationチーフアーキテクトであるIan Robinson氏が記したIBMの developerWorksブログの投稿によると、WebSphere Libertyは、IBMが5年前に開発したもので、開発者がアジャイルなDevOps原則を用いて、アプリケーションをより迅速かつ容易に開発できるようにするという。

 Robinson氏によると、開発ライフサイクルは加速化が進み、開発者はアイデアをごく短期間で実現化してリリース可能でスケーラブルなアプリにすることが求められているという。Open Libertyは、こうした作業に役立つ可能性があり、ランタイムを作成することで、定期的な更新が可能で、かつ異なるクラウド環境間で容易に移行できるJavaマイクロサービスをサポートする。さらに、商用版のWebSphereプロダクトライセンスが適用されると、Open LibertyはIBMの完全なサポートを受けるようになると、同氏は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1082文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  3. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]