OS モバイル

「iOS 11」入門--新機能を多数含むアップルの最新モバイルOS

アップルのモバイルOSの最新バージョンである「iOS 11」について、この入門記事では紹介する。

 Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)では毎年、多くのアップデートやプレビューが披露される。それは2017年も同じだった。新型「iPad Pro」や新型「iMac Pro」「HomePod」スマートスピーカに加えて、Appleは「iOS 11」も発表した。iOS 11は「iPhone」「iPad」「iPod」に多数の新機能をもたらすと期待されている。

 そして、iOS 11はその期待に応える必要がある。Appleは、過去のiPhoneやiOSバージョンと同様の飛躍的な進化を実現しなければならない状況に追い込まれている。多くのファンはそわそわし始めている。そして、Appleファンの側から見ると、Google陣営の方がより新鮮で、より刺激的に感じられる状況が続いている。

 このiOS 11入門では、AppleのモバイルOSの最新バージョンについて簡潔に紹介する。

概要

  • どんなものなのか:iOS 11はAppleのモバイルOS「iOS」の最新バージョンである。iOSはiPhone、iPad、およびiPodに搭載されている。iOS 11はフロントエンドとバックエンドの両方で、それらのデバイスに多数の変更点をもたらす。Appleユーザーおよび開発者は、過去のiOSバージョンとの大きな違いに気づくはずだ。
  • なぜ重要なのか:Appleはここ数年、Googleに後れをとっていることを批判されてきた。iOS 11は、Appleが再びイノベーションリーダーになることを保証するものでは必ずしもないが、実際に「iOS 10」の多くの欠点を修正しており、Googleとの戦いにおいて、Appleを躍進させるかもしれない新しい技術革新分野を作り出している。
  • 誰が影響を受けるのか:サポート対象のiOSデバイスを所有するユーザーやiOS向けの開発を行っている人は皆、iOSの影響を受ける。iOS 11のリリースと共に、複数のモデルがサポートの対象外になるので、それらのデバイスの所有者も影響を受ける。それらのデバイスのiOSはまもなく時代遅れのOSになり、必須のセキュリティアップデートしか提供されなくなる可能性が高い。
  • いつから利用できるのか:iOS 11は米国時間2017年9月19日より、OTAアップデートとして提供されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1881文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]