バックアップ Acronis AG(アクロニス・ジャパン)

バックアップソフト「Acronis True Image」新版、機械学習でランサムウェア対策を強化

個人向けバックアップソフトウェアの最新版「Acronis True Image 2018」が発表された。ランサムウェア対策で機械学習を取り入れ機能を強化するとともに、バックアップ関連機能も数多く強化されている。

 アクロニス・ジャパンは9月20日、個人向けバックアップソフトウェアの最新版「Acronis True Image 2018」を発表した。240項目以上の機能を改善し、ランサムウェア対策やバックアップ機能の強化が図られている。オンライン版は同日から、パッケージ版は10月13日から販売開始する。

 ランサムウェア対策の「Acronis Active Protection」が機能強化され、機械学習ベースの異常検出が可能となった。典型的なファイルアクセスのパターンを学習し、疑わしい活動を警告する。コンピュータで実行されている全てのプロセスを検証することで、Petya、WannaCry、Osirisといった猛威を振るうランサムウェアからデータをアクティブに保護する。

 機械学習の仕組みについては、複数のテストシステムから正規のアプリケーションとOSのプロセスに関するデータを収集し、機械学習技術を使って疑わしい動作を検出するためのモデルを構築する。新しいモデルをプログラムに配信することで検出時間を短縮する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1196文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan