ファイル共有 キー・ポイント

Watasoon:ダウンロード期限が過ぎると自動削除されるファイル転送サービス

ファイル転送サービスの「Watasoon」は、ストレージ機能を持たず、ファイル転送に特化している。ダウンロード期限が過ぎるとファイルは自動削除され、認証トークンや誤送信防止などの機能も搭載する。

Watasoonのポイント

  • ストレージ機能を持たず、ファイル転送に特化
  • ダウンロード期限が過ぎるとファイルを自動削除
  • 認証トークンや誤送信防止などのセキュリティ機能も搭載

Watasoonの製品解説

 キー・ポイントの「Watasoon」は、簡単かつ安全な環境からファイルを渡すことができるファイル転送サービスだ。ログイン後すぐに転送用URLを発行し、ファイルをアップロードするだけで、メールやチャットなどを通じてファイルをやり取りできるようになる。

編集部おすすめの関連記事

 ストレージ機能を持たず、ファイル転送に特化している。ファイルの保管日数は最大3日間となっており、ダウンロード期限が過ぎるとファイルが自動で削除されるため、機密情報がクラウドに残る心配もない。また、アカウントごとの容量設定が必要なく、契約容量の範囲内であれば自由に利用できる。

 ログイン方法は、パスワード方式とGoogleのシングルサインオン(SSO)方式から選択が可能。アップロード容量は1Gバイト、ダウンロード回数は最大5回、ダウンロード人数は最大5人、履歴保管年数は1年となっている。そのほか、宛先を承認してからファイルのダウンロードを許可する認証トークン、宛先やファイルを間違えた際にダウンロードを停止できる誤送信防止などの機能も備えている。

Watasoonのまとめ
用途と機能簡単かつ安全な環境からファイルをやり取りできるファイル転送サービス
特徴ストレージ機能を持たず、ファイル転送に特化。ダウンロード期限が過ぎるとファイルが自動で削除される。ログイン方法は、パスワード方式とGoogle SSO方式から選択可能。認証トークンや誤送信防止などの機能も備える
税別価格スモールプラン:月額5000円(年払い5万円)、10ユーザー、10Gバイトまで
スタンダード:月額4万円(年払い40万円)、100ユーザー、100Gバイトまで
プレミアムプラン:月額20万円(年払い200万円)、ユーザー数無制限、200Gバイトまで

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan