メール コラボレーション

「Gmail」「Inbox」でメールアドレスや電話番号がリンク表示に--期待される生産性の向上

グーグルの電子メールプラットフォーム「Gmail」および「Inbox」に、メール本文の電話番号や住所、電子メールアドレスを読み取り、それらをクリック可能なハイパーリンクに変換する機能が加わる。

 Googleの電子メールプラットフォーム「Gmail」および「Inbox」に、メール本文の電話番号や住所、電子メールアドレスを読み取り、それらをクリック可能なハイパーリンクに変換する機能が加わる。同社が米国時間9月18日、ブログ投稿で明らかにした。

 これまで、ユーザーはそうしたデータを利用する際、関連するアプリやウェブサイトにコピー&ペーストする必要があった。今後は、リンクをクリックするだけで関連するアプリが開き、作業を開始できる。同投稿で指摘されているように、これで時間が節約できるとともに、生産性の向上につながる可能性がある。同投稿によると、この新機能は「Android」「iOS」およびウェブ版のGmailとInboxで使用可能になるという。

 例えば、ユーザーが物理的な住所のリンクをクリックした場合には、「Google Maps」が開く。これにより、会議や研修を予約する際のプロセスが改善される可能性があるとともに、従業員は各自のメールアプリを介して目的地までのルート案内が得られる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約672文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan