マーケティングオートメーション セラン

xross data:メール、LINE、ウェブプッシュなど対応のMAツール--施策で使い分け

クラウド型MAツールの「xross data」は、メール、LINE、ウェブプッシュなどの配信チャネルを活用し、カゴ落ちやブラウザ放棄、離脱防止などの対策を支援する。LINEのWebhook対応に対応し、ボットサーバを構築可能となっている。

xross dataのポイント

  • メール、LINE、ウェブプッシュなどの配信チャネルを活用
  • カゴ落ちやブラウザ放棄、離脱防止などの対策を支援
  • LINEのWebhook対応に対応し、ボットサーバを構築可能

xross dataの製品解説

 セランの「xross data」は、メール、LINE、ウェブプッシュなどの配信チャネルを活用できるクラウド型マーケティングオートメーション(MA)ツールだ。カゴ落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローといった行動ログを組み合わせたリマインド施策をはじめ、顧客属性や顧客関係管理(CRM)データを組み合わせた任意のシナリオ作成ができる。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで来訪者の特徴や行動を解析したり、個別に可視化したり、顧客のセグメントを作成したりできる。また、メール配信に加えて、LINEアカウントへのメッセージ配信も可能で、これらを使ったコミュニケーション機能を搭載。じっくり読ませるメッセージはメール、カゴ落ちやブラウザ放棄のリマインドはLINE、ブラウザやスマートフォン向けにはウェブプッシュを使うといった施策の使い分けができる。

 さらにLINEのWebhook対応にも対応。ボットサーバを構築し、ユーザーが発信するイベントに応じて処理できるようになる。従来の一方向の情報配信から双方向のコミュニケーションが可能になる。

xross dataのまとめ
用途と機能メール、LINE、ウェブプッシュなどの配信チャネルを活用したクラウド型MAツール
特徴カゴ落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローといった行動ログを組み合わせたリマインド施策、顧客属性やCRMデータを組み合わせた任意のシナリオ作成が可能。LINEのWebhook対応に対応し、ボットサーバを構築できる
税別料金初期費用が5万円、利用料が月額4万円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan