UTM

Secure de!World:海外拠点にUTMを導入してセキュリティの状況を監視

セキュリティサービスの「Secure de!World」は、海外拠点にUTMを導入し、全拠点のクライアントやアプリケーションの利用状況を閲覧。セキュリティポリシーは海外拠点で変更できない。24時間365日体制で監視する。

Secure de!Worldのポイント

  • 海外拠点にUTMを導入し、現地のセキュリティ状況を確認
  • セキュリティポリシーは海外拠点での変更不可
  • 統合インターフェースを使って全拠点の状況を閲覧可能

Secure de!Worldの製品解説

 IIJ Globalの「Secure de!World」は、海外拠点でのIT統制とセキュリティレベルを管理、統一するセキュリティサービスだ。海外拠点のIT環境を可視化し、最新のセキュリティ状態を維持管理する。現地を訪れることなく、日本の拠点から現場の状況を確認できる。

編集部おすすめの関連記事

 海外拠点に統合脅威管理(UTM)機器を導入することで、ブラックボックスになりがちなセキュリティ状況を日本にいながらにして把握。海外拠点をインターネット上の脅威から守ることが可能。ファームウェアの自動アップデート機能により、UTM機器を最新の状態で維持管理でき、UTM機器自体の脆弱性も対策できる。

 また、セキュリティポリシーは海外拠点から変更できないため、万が一のトラブルなどを防ぎ、安全な環境構築が可能だ。さらにクラウド型の統合インターフェースを使って、管理者が全拠点のクライアントやアプリケーション利用状況を閲覧できる。サマリレポートも出力可能となっている。

 24時間265日の監視システムを採用しており、IT部門や海外拠点側の負担軽減が可能、必要最低限な機能に絞り込むで価格を抑えている。

Secure de!Worldのまとめ
用途と機能海外拠点でのIT統制とセキュリティレベルを管理、統一するセキュリティサービス
特徴海外拠点にUTMを導入することで、日本にいながら現地のセキュリティ状況を確認できる。セキュリティポリシーを海外拠点から変更できないため、安全な環境構築が可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 時事通信が構内PHSをスマートフォンに全面刷新--利便性とコスト対策を同時に実現、カギはクラウド化

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan