メール

「Gmail」と「G Suite」の自動転送--メールを別アカウントに送るには

「Gmail」と「G Suite」を設定して、全てまたは一部の電子メールが自動的に別のアカウントに転送されるように方法を解説する。

 ここ数カ月の間に、筆者は「Gmail」と「G Suite」のユーザーから、電子メールの転送について複数の質問を受けた。あるユーザーは、特定の電子メールをアシスタントと共有しようとしていた。別のユーザーは、あるポジションが数カ月空位になっている間、そのアドレスに送信された全ての電子メールを受信したいと考えていた。長期休暇中の職員のために、電子メールを転送する必要のあるユーザーもいた。

 本記事では、全てまたは一部の電子メールが自動的に別のアカウントに転送されるようにGmailとG Suiteを設定する方法を紹介する。

全ての受信メールを自動転送

 筆者は検索を簡素化するため、全ての電子メールを1つのG Suiteアカウントに自動転送している。こうすれば、1回の検索でコンテンツを発見できるようになる。これをやらなければ、それぞれの電子メールアカウントで別々に検索を実行する、またはメールクライアントを使って、ローカルに保存された電子メールを検索する必要がある。筆者のケースでは、少なくとも4つのアカウント(個人用Gmailアカウント、自分が教えるクラス用に使用するG Suiteアカウント、ほかの2つのアカウント)の電子メールをメインのGmailアカウントに転送している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3029文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  3. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]