マーケティング

役割や性質で変わる「平均ページ滞在時間」の意味--Google Analytics実践テクニック(3)

「平均ページ滞在時間は長い方が良い」と考えられやすいですが、ページの役割や性質により傾向が異なります。その確認方法を課題発見のテクニックを解説します。

 連載「Google Analyticsの現場で使える実践テクニック」の第3回は「平均ページ滞在時間」を取り上げます。平均ページ滞在時間の確認方法と、そこから導かれる課題の改善方法を解説します。

「第2回:『ページ/セッション』で回遊性を改善する」に戻る

平均ページ滞在時間とは

 「平均ページ滞在時間」とは、訪問者のページ滞在時間の合計を全体のページビュー数で割ったもので、ページごとに確認する指標です。

 「滞在時間だから長い方が良い」と考えられやすい指標ですが、ページの役割や性質により傾向が異なることに注意が必要です。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3527文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan