マーケティング

役割や性質で変わる「平均ページ滞在時間」の意味--Google Analytics実践テクニック(3)

「平均ページ滞在時間は長い方が良い」と考えられやすいですが、ページの役割や性質により傾向が異なります。その確認方法を課題発見のテクニックを解説します。

 連載「Google Analyticsの現場で使える実践テクニック」の第3回は「平均ページ滞在時間」を取り上げます。平均ページ滞在時間の確認方法と、そこから導かれる課題の改善方法を解説します。

「第2回:『ページ/セッション』で回遊性を改善する」に戻る

平均ページ滞在時間とは

 「平均ページ滞在時間」とは、訪問者のページ滞在時間の合計を全体のページビュー数で割ったもので、ページごとに確認する指標です。

 「滞在時間だから長い方が良い」と考えられやすい指標ですが、ページの役割や性質により傾向が異なることに注意が必要です。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3527文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  4. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  5. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]