オフィスソフト

「Excel」で列の最後の値を返すには

列の最後の値の取り出しは、データベースなら簡単にできるが、「Excel」でやろうとすると、ほんの少しだが難しい。この記事では、テーブルオブジェクトや通常のデータ範囲で使える数式を紹介する。加えて、同じことをVBAでやる方法も説明する。

 列の最後の値の取り出しは、データベースなら簡単にできるが、「Excel」はデータベースではない(データベースとして使う人が多いとはいえ)。Excelでやろうとすると、ほんの少しだが難しい。この記事では、テーブルオブジェクトや通常のデータ範囲で使える数式を紹介する。加えて、同じことをVBAでやる方法も説明する。

 筆者は、「Windows 10」の64ビット版で「Excel 2016」を使用している。必要な人は、デモ用の.xlsxファイルとCLSファイルをダウンロードできる。ただ、データセットのほうの数式はメニューが古いバージョンだとうまく動かず、ブラウザ版Excelではマクロが使えない。ところで、ブラウザ版Excelは、テーブルオブジェクトを認識しないのに数式はちゃんと使える。これは、ブラウザ版Excelでも、開いたファイルのテーブルオブジェクトの構造化参照は使えるためだ。

テーブルを使う場合

 テーブルオブジェクトのおかげで、Excelはこの種のタスクが以前より簡単になった。数式は構造化参照を用いるので長くはなるが、参照するのはテーブルだけだ。つまり、数式はどこにでも置いてもいいし、対象となる列の上下にデータを入力することもできる。加えて、構造化参照はセル参照よりも読みやすく、この点は範囲名に似ている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2488文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]