オフィスソフト

「Excel」で列の最後の値を返すには

列の最後の値の取り出しは、データベースなら簡単にできるが、「Excel」でやろうとすると、ほんの少しだが難しい。この記事では、テーブルオブジェクトや通常のデータ範囲で使える数式を紹介する。加えて、同じことをVBAでやる方法も説明する。

 列の最後の値の取り出しは、データベースなら簡単にできるが、「Excel」はデータベースではない(データベースとして使う人が多いとはいえ)。Excelでやろうとすると、ほんの少しだが難しい。この記事では、テーブルオブジェクトや通常のデータ範囲で使える数式を紹介する。加えて、同じことをVBAでやる方法も説明する。

 筆者は、「Windows 10」の64ビット版で「Excel 2016」を使用している。必要な人は、デモ用の.xlsxファイルとCLSファイルをダウンロードできる。ただ、データセットのほうの数式はメニューが古いバージョンだとうまく動かず、ブラウザ版Excelではマクロが使えない。ところで、ブラウザ版Excelは、テーブルオブジェクトを認識しないのに数式はちゃんと使える。これは、ブラウザ版Excelでも、開いたファイルのテーブルオブジェクトの構造化参照は使えるためだ。

テーブルを使う場合

 テーブルオブジェクトのおかげで、Excelはこの種のタスクが以前より簡単になった。数式は構造化参照を用いるので長くはなるが、参照するのはテーブルだけだ。つまり、数式はどこにでも置いてもいいし、対象となる列の上下にデータを入力することもできる。加えて、構造化参照はセル参照よりも読みやすく、この点は範囲名に似ている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2488文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan