モバイル スマートフォン

「iPhone 8」と「iPhone X」、どちらを選ぶ?--CIOが判断すべきポイント

新しいスマートフォンが発表されるたびに、世界中のIT部門で共通の疑問が浮かび上がるようだ。それは、「当社はそれをサポートするのか?」というものだ。先日に発表された「iPhone 8」「iPhone X」も例外ではない。

 新しいスマートフォンが発表されるたびに、世界中のIT部門で共通の疑問が浮かび上がるようだ。それは、「当社はそれをサポートするのか?」というものだ。米国時間9月12日に発表された「iPhone 8」「iPhone X」も例外ではない。

 とはいえ、2つの端末は似たような機能とスペックをいくつか備えているものの、異なるユーザーを想定して設計されている。導入に際しては、投資利益率(ROI)だけでなく、端末が何らかの方法で生産性を向上することが明白でなければならない。

 価格がそれぞれ699ドル、799ドルからのiPhone 8と「iPhone 8 Plus」は、いくつかの微調整と改良が加えられてきた従来のiPhoneシリーズの延長線上にある。一方、最上位モデルで999ドルからのiPhone Xは、端末前面を覆う有機EL(OLED)「Super Retina」ディスプレイや、新しいアンロック機能「Face ID」のほか、さらなるストレージオプションが加わっている。

 もちろん、最初に検討すべきことにセキュリティと管理性能がある。2つの端末はいずれも「iOS 11」を搭載し、エンタープライズモバイル管理(EMM)、またはモバイル端末管理(MDM)ソリューションでサポートするかどうかに大きな違いはないはずだ。ただし、プロバイダーによって、タイミングが異なる可能性はある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1636文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan