文書管理 アステリア

南都銀行、渉外員の持ち歩く商品カタログを電子化--約140拠点でタブレット活用

南都銀行は、渉外担当行員が利用する75種類以上のカタログを電子化。タブレットを活用することで、営業準備時間の削減と業務の効率化を可能にした。

 南都銀行(奈良市)は、渉外担当行員が利用する75種類以上のカタログを電子化することで、営業準備時間の削減と業務の効率化を可能にした。

 南都銀行は、奈良県を中心に約140の拠点を持つ地域金融機関。同行の渉外担当行員は、75種類以上の多くの商品から顧客に最適な商品をスムーズに提案することが求められる。そのため、行員が持ち歩くパンフレットの紙コストの削減や、誤って古い情報を顧客に見せてしまうリスクの排除などが課題となっていた。

 そこで同行は、タブレットの導入と活用を決定。商品パンフレットを含む各種資料の一括管理とタブレットへの配信ツールとして、インフォテリアの文書管理サービス「Handbook」を選定した。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]