開発 開発ツール

習得すべきプログラミング言語--現役開発者が選出したトップ5

ソフトウェア分析企業が実施した調査により、欧米の開発者が考える今後5年間で習得すべき言語が明らかになった。本記事ではその上位5つの言語と、ほかにも需要があると考えられる開発言語について紹介する。

 プログラミング言語は種類が非常に多いため、どの言語に専念すべきか、選ぶのが難しいこともある。そこで、本記事では、必須のプログラミング言語として開発者が挙げた言語を紹介する。

 ソフトウェア分析会社のCASTが米国と欧州の開発者500人を対象に実施した調査では、プログラマーが学習すべき最も重要な言語として、「JavaScript」と「Java」の2つがトップに選出された。

 CASTの戦略および分析担当エグゼクティブバイスプレジデントのLev Lesokhin氏によると、この2つの言語がトップに選出されたことは、驚くに値しないという。JavaScriptに対する需要は、フロントエンドおよびバックエンドウェブ開発において爆発的に拡大し続ける一方で、Javaも企業内で広範に使用されていることから、同言語のスキルに対するニーズは常に存在する、とLesokhin氏は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2325文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan