モバイル スマートフォン

アップルの新端末「iPhone X」--プロフェッショナルが気になる主要3機能

アップルは米国時間9月12日、新端末「iPhone X」を発表した。プロフェッショナルが気になるiPhone Xの上位3機能を詳しく紹介する。

 かねてからの予想どおり、Appleが米国時間9月12日に10周年記念「iPhone」を発表した。長年にわたるアップデート(そのいくつかは控えめなものだった)を経て誕生した新端末「iPhone X」は、Appleが「スマートフォンの未来」と呼ぶ、一連の最先端技術が搭載されている。

 6コアプロセッサを搭載してのノートブック並みと言われるパフォーマンスから、本体前面のほぼ端から端までを覆うOLEDスクリーン、「Face ID」によるログイン、AR(拡張現実)対応の赤外線カメラまで、iPhone Xは、さまざまな点で飛躍を見せており、競合製品も今後これらを模倣するようになるだろう。

 とはいえ、こうした革新的技術がいくつかデザイン上の妥協につながっている。iPhone Xは従来のホームボタンが消え、指紋スキャナ「Touch ID」もなくなった。

 iPhone Xの前面と背面のガラスは、過去の数モデルのiPhoneで採用されたメタル製の背面と比べて滑りにくくなっている。iPhone Xは、スペースグレーとシルバーの2色展開で、価格は999ドルから。予約注文は10月27日からスタートし、店頭に並ぶのは11月3日となっている。一方、「iPhone 8」は価格が699ドルからで、発売は9月22日だ。

 本記事では、プロフェッショナルが気になるiPhone X(発音は「テン」)の上位3機能を詳しく紹介する。

1.「Super Retina Display」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2110文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]