コールセンター・コンタクトセンター ベルシステム24

BellCloud AI for IVR:Watsonの音声認識で接続先を振り分けるIVRシステム

IVRシステムの「BellCloud AI for IVR」は、Watsonの自然言語分類エンジンが会話の意図を把握し、対応に適したオペレーターに接続する。簡易ヒアリングで要件を特定して平均応対時間を短縮したり、生産性を向上してコストを削減したりできる。

BellCloud AI for IVRのポイント

  • 自然言語分類エンジンが会話の意図を把握し、オペレーターに接続
  • 音声ボットによる簡易ヒアリングで要件を特定してユーザーの待ち時間を削減
  • 平均応対時間の短縮や生産性の向上によるコスト削減が可能

BellCloud AI for IVRの製品解説

 ベルシステム24の「BellCloud AI for IVR」は、認知型システム「IBM Watson」の自然言語分類機能を活用した自動音声応答(IVR)システムだ。コンタクトセンターでの自動音声対応を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 自然言語分類エンジンが会話の意図を把握し、対応に適したオペレーターへの接続が可能。音声ボットによる簡易ヒアリングで要件を特定してユーザーの待ち時間を削減し、課題解決までに掛かるストレスを緩和する。

 具体的には、音声認識による着信先の振り分けではエンドユーザーの口頭説明を解析して着信先へ誘導。音声ボットによる簡易ヒアリングでは事前に設定したヒアリングフローに基づき、ヒアリング内容をオペレーターに通知しながら引き継いでいく。ユーザーの回答内容に応じた聞き返しや追加のヒアリングも可能だ。

 通販や物流、テクニカルサポートなど、さまざまな業種業界の顧客対応窓口での利用可能。平均応対時間の短縮や生産性の向上によるコスト削減につなげられる。

BellCloud AI for IVRのまとめ
用途と機能Watsonの自然言語分類機能を活用したIVRシステム
特徴自然言語分類エンジンが会話の意図を把握し、対応に適したオペレーターへの接続が可能。音声ボットによる簡易ヒアリングで要件を特定してユーザーの待ち時間を削減する

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]