クライアントセキュリティ パロアルトネットワークス

Traps:機械学習で未知の脅威を検出するエンドポイントセキュリティ

エンドポイントセキュリティの「Traps」は、機械学習エンジンで未知の脅威を検出する。検出された悪質なファイルを隔離し、その後の拡散や実行を防止する。ソフトウェア発行元の判定、脆弱性を突く攻撃の阻止も可能だ。

Trapsのポイント

  • 機械学習エンジンで未知の脅威を検出
  • 検出された悪質なファイルを隔離し、拡散や実行を防止
  • ソフトウェア発行元の判定、脆弱性を突く攻撃の阻止も可能

Trapsの製品解説

 パロアルトネットワークスの「Traps」は、機械学習による静的解析やマルウェアの隔離などに対応したエンドポイントセキュリティだ。既存のウイルス対策ソフトでは対応しきれない未知の脅威を検出することができる。

編集部おすすめの関連記事

 機械学習エンジンがファイルの特性を検証し、マルウェアかどうかを判定する。機械学習エンジンは、脅威情報サービス「WildFire」のデータを使って学習させている。同サービスで判定する前に実行可能なファイルも迅速に検証可能だ。

 検出された悪質なファイルを隔離し、その後の拡散や実行を防止する機能も備える。また、実行ファイルが信頼できるソフトウェア発行元から公開されたかどうかを自動で判定する。ソフトウェアの脆弱性を悪用する際によく見られる内部的な動きを制限し、攻撃を阻止する仕組みも備えている。

Trapsのまとめ
用途と機能機械学習で未知の脅威を検出するエンドポイントセキュリティ
特徴機械学習エンジンがファイルの特性を検証し、マルウェアかどうかを判定。検出された悪質なファイルを隔離し、その後の拡散や実行を防止する。ソフトウェア発行元の判定、脆弱性を突く攻撃の阻止も可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「クライアントセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]