コンバージド・ハイパーコンバージド 日商エレクトロニクス

SBSホールディングス、HCIでプライベートクラウド構築--グループ会社のシステムを統合

物流事業を展開するSBSホールディングスは、グループ会社のシステム統合のプライベートクラウド基盤としてハイパーコンバージドインフラ製品を導入した。グループ全体のセキュリティガバナンスを強化する。

 物流事業を展開するSBSホールディングス(墨田区、従業員数1万3841人)は、グループ会社のシステム統合のプライベートクラウド基盤として、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品「Nutanix Enterprise Cloud Platform NX-1000シリーズ」と組込型ハイパーバイザ「Acropolis Hypervisor(AHV)」を導入した。日商エレクトロニクスが9月13日に発表した。

 SBSホールディングスは、積極的な合併と買収(M&A)によりグループ規模と機能の拡充を進めることで急速な成長を遂げてきた。ITシステムについては、統合後も各社が独自に構築、運用しており、セキュリティやサービスレベルに格差があった。そこで、グループ全体のセキュリティガバナンスを強化し、“攻めのIT”を推進するため、グループ共通のプライベートクラウドシステムを構築することにした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約532文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan