仮想化 Windows OS OS・ミドルウェア

「VMware Fusion」環境を保護--スナップショットとAutoProtectで「もしも」に備える

「VMware Fusion」では、VM環境を保護し、「Windows」の再インストールと再設定を余儀なくされる可能性を最小限に抑えるため、スナップショットを手動で作成する、または自動で作成されるように設定することができる。

 VMwareは「Mac」の「Time Machine」ユーザーに対して、仮想マシン(VM)をバックアップ操作から除外することを推奨している。VMの仮想ハードディスクファイルに変更を加えると、そのファイル全体を再度バックアップしなければならなくなる、とVMwareは説明する。

 それとは関係なく、筆者はTime Machineを使って、ほぼ週に1回、Macを手動でバックアップする。そして、VMをTime Machineのバックアップに含めるようにしている。ただし、VMで何らかの問題が生じるのを防ぐため、バックアップを実行するときは、必ずVMを停止して閉じるようにしている。読者の皆さんも時間をかけて「VMware Fusion」の「Windows」環境をセットアップしたのなら、もう少し時間をとって、スナップショットを利用し、その環境を適切に保護してほしい。

 VMwareはMacユーザーに対して、Time Machine使用時に共有フォルダとミラーフォルダを使用することを推奨している。書類とデータをゲストではなくホスト上のファイルとして保存することで、共有フォルダとミラーフォルダはTime Machineでバックアップされる。共有フォルダとミラーフォルダはVM内に存在しないからだ。Macユーザーは以下の手順を実行して、共有フォルダとミラーフォルダを有効化することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2338文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan