仮想化 Windows OS OS・ミドルウェア

「VMware Fusion」環境を保護--スナップショットとAutoProtectで「もしも」に備える

「VMware Fusion」では、VM環境を保護し、「Windows」の再インストールと再設定を余儀なくされる可能性を最小限に抑えるため、スナップショットを手動で作成する、または自動で作成されるように設定することができる。

 VMwareは「Mac」の「Time Machine」ユーザーに対して、仮想マシン(VM)をバックアップ操作から除外することを推奨している。VMの仮想ハードディスクファイルに変更を加えると、そのファイル全体を再度バックアップしなければならなくなる、とVMwareは説明する。

 それとは関係なく、筆者はTime Machineを使って、ほぼ週に1回、Macを手動でバックアップする。そして、VMをTime Machineのバックアップに含めるようにしている。ただし、VMで何らかの問題が生じるのを防ぐため、バックアップを実行するときは、必ずVMを停止して閉じるようにしている。読者の皆さんも時間をかけて「VMware Fusion」の「Windows」環境をセットアップしたのなら、もう少し時間をとって、スナップショットを利用し、その環境を適切に保護してほしい。

 VMwareはMacユーザーに対して、Time Machine使用時に共有フォルダとミラーフォルダを使用することを推奨している。書類とデータをゲストではなくホスト上のファイルとして保存することで、共有フォルダとミラーフォルダはTime Machineでバックアップされる。共有フォルダとミラーフォルダはVM内に存在しないからだ。Macユーザーは以下の手順を実行して、共有フォルダとミラーフォルダを有効化することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2338文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]