店舗管理

Seed ID:複数一括読み取りが可能な小売店舗向けRFID商品管理システム

小売店舗向けRFID商品管理システム「Seed ID」は、盗難防止用RFIDセンサ、棚卸用RFIDリーダと組み合わせて活用する。複数一括読取りが可能なため、棚卸作業を効率化できる。

Seed IDのポイント

  • 未精算の商品を検知すると、ポップアップ表示、アラート音で通知
  • 複数一括読み取りが可能なため、棚卸作業を効率化
  • 商品名やJANコードデータを起点に商品の場所を探せる

Seed IDの製品解説

 チェックポイントシステムジャパンの「Seed ID」は、小売店舗に必要な標準機能「盗難防止」と「棚卸」にフォーカスし、初めてRFIDを導入する小売業に最適なクラウド型の店舗向けRFID商品管理ソフトウェアだ。盗難防止用RFIDセンサ、棚卸用RFIDリーダと組み合わせて活用する。店舗から収集された盗難情報や棚卸情報はクラウドで一元管理。いつどこからでも簡単にアクセス、閲覧が可能となる。

編集部おすすめの関連記事

 出入り口に設置したオーバーヘッド型あるいはゲート型のRFIDセンサが未精算の商品を検知すると、「Seed ID Alert」アプリをインストールしたAndroid端末にポップアップ表示、アラート音で通知。どの商品がどの出入り口から持ち出されたのかがリアルタイムで分かるため、お声がけ対応による盗難防止や補充スピードアップによる売り逃し防止に効果を発揮する。既にチェックポイントの盗難防止「RF-EAS」センサを導入されている場合、RFIDアップグレードキットを増設するだけで既存のセンサを差し替えることなくそのまま利用できる。

 バックルームや売場でRFIDタグ付き商品にハンドヘルドリーダをかざすだけで複数一括読み取りが可能なため、棚卸作業を効率化できる。スタッフがSeed IDに送信した在庫情報に基づいて商品を補充できるため、欠品による販売機会の損失を防止できるほか、商品検索機能によって商品名やJANコードデータを起点に商品の場所を探すことも可能だ。

 クラウドで提供されるサービスのため、初期費用を抑えると同時に機器選定や調達の手間を省き、迅速に導入することが可能。管理サーバは強固なデータセンター内でデータを保管しており、災害のリスクも軽減できる。

Seed IDのまとめ
用途と機能クラウド型の小売店舗向けRFID商品管理システム
特徴「盗難防止」と「棚卸」にフォーカス。RFIDセンサが未精算の商品を検知すると、Android端末にポップアップ表示、アラート音で通知。ハンドヘルドリーダをかざすだけで複数一括読み取りが可能なため、棚卸作業を効率化

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan