VR・AR

世界AR/VRヘッドセット市場、第2四半期は25.5%増の213万台--成長はかなり鈍い

IDCは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)用ヘットセット市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界の2017年第2四半期における出荷台数は213万台で、前年同期に比べ25.5%増えたという。

 IDCは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)用ヘットセット市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界の2017年第2四半期における出荷台数は213万台で、前年同期に比べ25.5%増えたという。

 IDCモバイルデバイストラッカー担当シニア調査アナリストのJitesh Ubrani氏は、「最近登場したほかの技術に比べると、VR市場の成長はかなり鈍い」と指摘。成長ペースが遅い理由として、「相当量の投資が必要なうえ、より重要なことは、VRをエンドユーザーに啓蒙することの必要性が極めて高い」ことを挙げた。

 「ただし、先ごろ主要プラットフォームがそろって実施した値下げが、VR導入障壁の1つを下げることにつながるだろう。その結果、購入前にVR製品を調べたり試したりする機会を消費者へ提供することが、ほとんどのメーカーの直面する大きな困難として残る」(同氏)

 出荷されたヘッドセットのうち、98%超という大部分をVRヘッドセットが占めていた。VRヘッドセットのなかでは、半分以上がサムスン電子製「Gear VR」やGoogle製「Daydream View」のようなスマートフォンの画面を流用するスクリーンレス型だった。HTC製「HTC Vive」、Facebook傘下のOculus VR製「Oculus Rift」、ソニー製「PlayStation VR(PSVR)」のようなPCなどに接続して使うテザー型は43%で、前期の34%から増えている。出荷台数の増加は、好調なPSVRと、値下げで出荷の増えたOculus Riftが大きく貢献したそうだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約813文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan