資産管理 ウチダスペクトラム

SMART@SAM:ライフサイクルに応じたソフト資産管理業務プロセス導入を支援

IT資産管理ソフトの「SMART@SAM」は、国際標準規格に対応し、ライフサイクルに応じたソフトの管理プロセスを導入できる。所有しているライセンスの購入数や使用数などを管理する。

SMART@SAMのポイント

  • ライフサイクルベースのソフトウェア資産管理業務プロセスを導入
  • 所有するライセンスを登録、購入数や使用数などを管理
  • 導入されているソフトウェアを分類、分析できる

SMART@SAMの製品解説

 ウチダスペクトラムの「SMART@SAM」は、国際標準規格「ISO/IEC19770-1」に対応したIT資産管理ソフトウェア。ライフサイクルに対応した、ソフトウェア資産管理(Software Asset Management:SAM)業務プロセスを導入、アウトプットができる。

編集部おすすめの関連記事

 ソフトウェアの購入から導入、異動、廃棄、棚卸しというライフサイクルプロセス全体を管理する支援機能を搭載。ライセンス本体に加えて証書やメディアなどのライセンス関連資産、導入ソフトウェア、ハードウェアなどを対象にしたSAM管理台帳の作成支援機能も搭載している。余剰ライセンスを全社規模で可視化することで、不足している部門にライセンスを再配置できる。

 導入ソフトウェアの名寄せ機能や使用許諾に基づくアップグレード元ライセンスの割当機能、ダウングレード可能なライセンス製品の候補表示機能も装備しており、SAM業務を正確かつ効率的に行うことが可能となる。そのほか、構成管理ツールで収集したデータ(棚卸データ)のインポート機能も搭載している。

 これらの機能により、短期間でライフサイクルプロセスに対応したSAM管理台帳機能を導入、運用できるだけでなく、SAM状況の可視化がもたらす説明責任(アカウンタビリティ)の確保、余剰ライセンスの可視化によるライセンス購入コストの最適化、といった恩恵も受けられる。

SMART@SAMのまとめ
用途と機能IT資産管理ソフトウェア
特徴国際標準「ISO/IEC19770-1」に対応し、ソフトウェアライフサイクルに即したSAM業務プロセスの導入とアウトプットが可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]