IoT 富士通

明電舎、IoTで安全衛生体制を強化--温湿度を測定、作業者の負荷を推定

明電舎は安全衛生体制強化として、IoTを活用して体調不良や転倒などの非常事態発生時に迅速に対応できる仕組みを構築した。作業者の状態を遠隔で把握することで見守る。

 明電舎は水処理施設や変電所などの作業拠点約100カ所のうち10カ所に「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 安全管理支援ソリューション」を6月から導入した。同社と富士通が9月8日に発表した。

 明電舎では、作業者の安全衛生体制強化の一貫として、暑さによる体調不良や転倒などの非常事態発生時に迅速に対応できるシステムづくりを検討していた。

 今回採用された安全管理支援ソリューションは、建設業や製造業などの現場で作業者の状態を遠隔で把握することで見守り、安心して働ける職場づくりを支援するためのもの。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]