クラウド クラウドサービス

「Microsoft Azure」入門--拡大を続けるMSのクラウドサービスプラットフォーム

マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を利用すれば、オンプレミス環境を構築するより安価にコンピューティングリソースを配備できる。AIシステムやSAPのビジネスソフトウェアなど、利用できるサービスが次々に追加されている(2017年9月11日公開、2018年6月28日更新)。

 クラウドコンピューティングの登場によって、企業は莫大な資金と労力を投じてデータセンターを建設することなく、またワークロードの変動のせいで利用率の低いサーバにコストをかけることなく、コンピューティングリソースを迅速にプロビジョニングできるようになった。

 Microsoftのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」は、2010年2月に提供が開始された。Azureには、仮想マシン、オブジェクトストレージ、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)といった従来のクラウドサービスに加えて、Microsoftのプロプライエタリ技術を利用するサービスもある。たとえば「Azure RemoteApp」(2017年8月末で提供終了)では、仮想マシンを使用して「Windows」プログラムをデプロイし、Windows、「OS X」「Android」「iOS」上のクライアントからリモートデスクトップ接続でそのプログラムを利用することができる。また、Azureは「Active Directory」や「SQL Server」など、Microsoftの一般的なエンタープライズソリューションのクラウドホスト版も提供している。

 このAzure入門記事では、Azureの新しいサービスとその利用方法に関する情報をITリーダーにお届けする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5967文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]