クラウド クラウドサービス

「Microsoft Azure」入門--拡大を続けるMSのクラウドサービスプラットフォーム

「Microsoft Azure」は、マイクロソフトのクラウドサービスプラットフォームだ。同社のプロプライエタリ技術や、オープンソース技術を利用したサービスが幅広く提供されている。

 クラウドコンピューティングの登場によって、企業は莫大な資金と労力を投じてデータセンターを建設することなく、またワークロードの変動のせいで利用率の低いサーバにコストをかけることなく、コンピューティングリソースを迅速にプロビジョニングできるようになった。

 Microsoftのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」は、2010年2月に提供が開始された。Azureには、仮想マシン、オブジェクトストレージ、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)といった従来のクラウドサービスに加えて、Microsoftのプロプライエタリ技術を利用するサービスもある。たとえば「Azure RemoteApp」(2017年8月末で提供終了)では、仮想マシンを使用して「Windows」プログラムをデプロイし、Windows、「OS X」「Android」「iOS」上のクライアントからリモートデスクトップ接続でそのプログラムを利用することができる。また、Azureは「Active Directory」や「SQL Server」など、Microsoftの一般的なエンタープライズソリューションのクラウドホスト版も提供している。

 このAzure入門記事では、Azureの新しいサービスとその利用方法に関する情報をITリーダーにお届けする。

概要

  • どんなものなのか:さまざまなクラウドコンピューティングサービスの集合体だ。リモートでホストおよび管理されるバージョンのMicrosoftのプロプライエタリ技術や、仮想マシン内にデプロイできる各種Linuxディストリビューションなどのオープン技術が提供されている。
  • なぜ重要なのか:Azureは初期投資が不要で、リソースプロビジョニングの遅延時間がほとんどなく、キャパシティをオンデマンドで利用できる。料金は使用量に応じて請求されるため、オンプレミスのWindowsサーバからクラウドに移行する企業にとって、魅力的な選択肢だ。
  • 誰が影響を受けるのか:Azureはガレージをオフィスにしているようなスタートアップ企業からFortune 500企業まで、あらゆる規模の組織で利用可能だ。移行が容易であるため、既に「Windows Server」環境を運用している組織にとっては、最もニーズに合った選択肢かもしれない。
  • いつから利用できるのか:2010年2月に一般提供が開始された。それ以来、さまざまなサービスや地域データセンターが頻繁に追加されている。
  • どうすれば利用できるのか:Microsoft Azureにサインアップした新規ユーザーには、30日間有効な200ドルのサービスクレジットが提供される。このクレジットは、Microsoftが提供するあらゆるサービスで利用可能だ。スタートアップや非営利団体、大学向けには、さらなる割引やクレジットが用意されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4681文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan