会計ソフト

DIGGLE:予算管理の属人化を解消する予実管理サービス--予実対比を自動で計算

予実管理サービスの「DIGGLE」は、表計算ソフトを使わずに予実を管理する。パラメータを入力するだけで年間予算が自動で作成される。予実対比も自動で計算される。

DIGGLEのポイント

  • オンライン上のシートを利用するためファイル管理不要
  • 予算策定はパラメータの入力のみ、年間予算は自動作成
  • 実績データはCSVファイルから移行可能で、予実対比は自動計算

DIGGLEの製品解説

 タシナレッジの「DIGGLE」は、予算管理業務の効率化と精度向上を実現する予実管理サービスだ。これにより、集計作業時間の短縮や意思決定の速度を速め、経営分析などに余った時間を費やすことが可能となる。

編集部おすすめの関連記事

 入力はオンライン上のシートで完結できるためファイル管理は不要。予算作成業務のための関数の知識なども不要で、必要な情報のみを入力するだけなので誰でも簡単に予算案が作成できる。予算策定もパラメータを入力するだけで年間予算が自動で作成される。また、実績もCSVファイルからコピー&ペーストで入力でき、こちらも自動で予実対比が表示される。

 表計算ソフトによる複雑な予算管理のため業務が属人化している、主要評価指標(KPI)管理の効率化に悩んでいる、あるいは案件ごとの収益性を分析できていないといったケースに対応する。

DIGGLEのまとめ
用途と機能集計作業への負担軽減や意思決定スピードの向上を支援する予実管理サービス
特徴オンライン上でのシート管理によりファイル管理が不要。予算や予実対比は自動作成される

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]