Windows OS OS・ミドルウェア

「Windows 10」のトラブルシューティング--「システム情報」ツールを活用する方法

「Windows 10」の「System Information」(システム情報)ツールには、コンピュータの構成についての詳細な情報が表示されるが、システム構成に関連する問題をトラブルシューティングするときにも威力を発揮する。

 「Windows 10」の「System Information」(システム情報)ツールには、主なコンポーネントやハードウェアリソース、システムソフトウェアに関する情報など、コンピュータの構成についての詳細な情報が表示される。こうした情報を全て確認できるのは、システムに関する特定の情報を見つけたいときに便利だが、System Informationは、システム構成に関連する問題をトラブルシューティングするときにも威力を発揮する。

 もっと具体的に言うと、System Informationを使って、筆者が構成データセットと呼ぶものを作成し、それを利用して過去の構成と現在の構成を比較することができる。基本的に、構成データセットは、システムが正常に機能しているときに作成する。その後、システムの挙動がおかしくなり始めたら、現在の構成データセットを過去に作成したものと比較して、何が変わったのかを確認することができる。

 本記事では、System Informationを使って構成データセットを作成する方法、そして、過去の構成と現在の構成を比較することで、その構成データセットをトラブルシューティングツールとして利用する方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2033文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan