セキュリティ

セキュリティ侵害は必ず発生する--重要なのは十分なBCDR計画

企業がどれだけ強固なサイバーセキュリティ対策を施していても、侵入者は必ずやって来る。万一に備え、事業継続計画を立てることこそ重要だ。

 ITを駆使し、インターネットによるネットワークの力の恩恵を受けている企業であれば、業種や規模に関わらず避けることも無視することもできない大きな頭痛の種を抱えている。セキュリティだ。より詳しく言うと、サイバーセキュリティである。

 現代の企業にとってデータはこれまでにないほど重要で、犯罪者からデータを保護することが最優先事項となっている。それが残念なことに、この新たな現実を理解していないと思われる企業が未だ世界には非常に数多く存在する。

 セキュリティ侵害や顧客情報の盗難といった事件が毎週のようにニュースを賑わしているが、それでも企業は、データを盗もうとする悪意のある犯罪に不意を突かれてしまっているのが現状だ。強固で実用的かつ施行可能な事業継続および災害対策(BCDR)計画を立てていない企業は、それだけで深刻な問題を抱えていることになる。

 多くの企業にITインフラの主要要素となる製品を提供しているMicrosoftでは、顧客にサイバーセキュリティソリューションを提供する責任があることも承知済みだ。そのため同社のソフトウェアやサービスには、さまざまな保護機能やプロトコル、技術などが組み込まれ、不正アクセスから企業データを保護しようとしている。ただしMicrosoftは、それだけでは十分でないと考えている。企業はセキュリティ侵害を防ぐための計画を立てるだけでなく、セキュリティ侵害が発生した場合も事業を継続し続けるための計画が必要だからだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1150文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]